お知らせ

会誌「塑性と加工」の「合本形式の分冊化」への移行に関するアンケートのお願い

2017年1月25日


平成29年1月1日

 
日本塑性加工学会 名誉会員 および 正会員 の皆様
 

会誌「塑性と加工」の「合本形式の分冊化」への移行に関するアンケートのお願い

 

編集委員会 校閲運営委員会

 

 編集委員会と校閲運営委員会では,会誌「塑性と加工」を学術雑誌として魅力ある内容にすべく,検討してまいりました.しかしながら,近年,「塑性と加工」に対する投稿論文数が著しく減少しております.この原因は,国際的学術データベースであるスコーパス(Scopus)に「塑性と加工」が登録されていないため,論文が大学の研究業績として認められなくなっている点にあります.現状の「塑性と加工」のままでは,論文と解説記事が同一雑誌に記載されているため,論文はスコーパスに登録できないことが判明しました.
そこで両委員会で急ぎ協議した結果,「塑性と加工」をスコーパス登録するために以下のとおり論文誌と会報誌(論文以外の記事)に分冊化する必要があるとの結論に至りました.この分冊化は会誌の大きな変更となりますが,その実施に際しては会員サービス維持の観点から論文誌と会報誌の合本形式としたいと考えております.
 
 つきましては会誌「塑性と加工」の分冊化(合本形式)への移行について,また和文論文投稿に対する率直な意識について,そして会誌魅力向上について皆様のご意見をうかがいたく存じます.アンケート一式を下記のとおり本誌今月号(平成29年1月号,58巻672号)に同封いたしますので,アンケートの回答を同封の返信封筒で平成29年2月28日事務局必着にてご投函くださいますようお願いいたします.

1.アンケート一式の内容:本誌今月号(平成29年1月号,58巻672号)に同封
(1)アンケートのお願い(合本形式の分冊化の骨子を含む) A4サイズ1枚
(2)アンケート質問用紙  A4サイズ1枚(両面印刷)
(3)アンケート回答用紙(マークシート) A4サイズ1枚
(4)返信用封筒 1枚
2.回答期限事務局必着) 平成29年2月28日